パイプオルガンのペダル 簡単な注意点

簡単ですが、少しだけ気にかけると良くなる点

足鍵盤の件で、少しだけでも気にかけるととても良くなるなあという点です。

それは、同じ音型を弾く時に手鍵盤と足鍵盤の「離すタイミングを揃える」ということです。

そんな当たり前のこと…と、拍子抜けしてしまったかもしれませんが、意外にも全然揃っていないことが多いのです。

弾く(押す)タイミングは、割と気をつけていたとしても、離すタイミングは…。

和音もバラバラ

….ということは、ないでしょうか。

  • 長い音符も、足鍵盤だけさっさと切って、先に行ってしまう。
  • 足が無駄に浮かび上がっている。

前回の記事でも書きましたが、ペダルが無駄に浮いてしまいますと、ミスも増えますし、音が無意味に短くなってしまうこともあります。

尚、弾くときのタイミングで、「ペダルは少し遅れて聞こえるから、少々速めに押そう」「ペダルははっきり聞こえないので、少し短めにしよう」という高級な(?)レベルの話とは別にして下さい。

全然気にしていない時のお話です。

それでは。

オルガニスト 長井浩美 Hiromi Clara Nagai

Follow me!